Special Talk Session 業務職による座談会
三井物産スチールについて感じること。 そして日々の仕事のやりがいについて。 そのすべてを本音で伝えよう。

業務職による座談会。常に刺激し合い、励ましあって、成長を続ける、4人が語る三井物産スチールとは?そしてそれぞれのやりがいとは?目標とは?彼女たちのメッセージの数々から、未来の自分の姿を想像してみてほしいと思います。

軸受国際部 2017年入社。文学部英語英文学科卒。趣味は野球観戦。大の巨人ファン。 鋼管・薄板部 2017年入社。文学部比較芸術学科卒。趣味は3歳から続けているジャズダンス。 鉄骨・プラント資材部 2016年入社。文学部人文社会学科卒。趣味はストレス発散の場としてのキックボクシング。 ステンレス・特殊鋼部 2016年入社。外国語学部卒。趣味は食べ歩き。個人版「食べログ」を制作中。

現在の仕事は?

ステンレス鋼の輸出および中国から韓国・インドネシアへの三国間貿易業務をサポートしています。鉄鋼メーカーへの発注、客先への契約書の発行から在庫管理や加工手配、輸出手配などを行っています。

国内の鋼管・薄板鋼材のデリバリー業務を担当しています。計上、請求業務、入出金確認などが主な仕事です。

 

海外から日本への鉄骨の輸入、中東内の三国間貿易業務をサポートしています。プラントエンジニアリング会社や重工メーカー向けの製品の発注や入金処理などを行っています。

 

ステンレス・特殊鋼の貿易や国内ビジネスなど多岐にわたる取引の営業サポートをしています。多用途の商材の取引管理、入出金確認などが主な仕事です。

 

現在の仕事に必要なことは?

同時に様々な業務を進めていく中で、締め切りを意識して優先順位をつけて処理する必要があります。また、複数の営業を支える立場なので、それぞれのスタイルを尊重して、動きやすいよう後方支援する気配りも大切です。

私の場合、日々心がけていることはTODOリストをつくり、計画的かつ正確に業務を進めることです。連絡漏れや処理ミスはお客様との信頼関係を損なうことにつながるので、責任をもって自らの仕事と向き合っています。

優先順位をつけることと先を読んで行動することです。毎朝メール確認しながら、その日に起きうることを予測しつつ、1日の仕事の計画を立てます。また、営業や上長の予定も視野に入れて、チーム全体の業務が滞りなく進むよう心掛けています。

細部まで確認する細やかさも必要だと思います。また、問題が起こっても、まずどうしたらいいかを考えられる冷静さも求められます。そのためには様々なケースの問題解決を日頃からシミュレーションしておく必要があるかもしれません。

営業は皆さん個性があって、論理的なタイプ、情熱で動くタイプなど、それぞれにとってのベストパートナーになる必要があり、いかに優れた相棒になれるか(笑)、ここにこそ私たちの存在価値があるのかもしれませんね。

仕事のやりがいは?

営業が新規ビジネスを始める際に、事務処理やデリバリーの面で速やかにフォローして、それが成功への後押しになったときに、やりがいを感じます。

同感です。私も新規ビジネスの際は最大限のサポートをしようと思っています。例えば、営業と手探りで調査をしたり、ときには商談の場にも同席して、そこで見つけた課題への解決フォローをしたり、一緒になって成功を目指すプロセスは、やりがいそのものです。

鉄骨をベトナムから輸入する案件を担当しているのですが、その鉄骨が建設現場で組み上がる様子を見た際に、そのスケール感に圧倒されました。また、完成した建物も見ることが出来たのですが、自分が微力ながらも関わったものだと思うと、感慨もひとしおです。

担当営業が不在の際に、滞っていた商談をフォローして無事成約へと導いた経験があります。これは日頃から、営業の動きを把握して、商談成立の鍵がどこにあるのかを理解していたからこそ、可能になったことです。印象に残っている一番のエピソードです。

三井物産スチールで働く最大の魅力は?

三井物産グループのネットワークで世界各国と取引ができ、そのダイナミックなビジネスに関わっているのだと日々肌で感じることができるのが魅力です。

そうですね。社内の人の動き、声、表情などを通じて世界を相手に仕事をしている勢いが伝わってきます。誰もがチーム意識を持って動き、お互いにフォローし合う優しさや、商流や利益を最大化するチャレンジ精神も感じられ、そんな空気感が私は好きです。

「人の三井」とよく言われているし、私自身も就職活動中によく耳にしましたが、実際に働いてみて、まさに「人の三井」を身を持って感じています。常に部内の雰囲気は良く、この独特の心地よさが良い仕事も生んでいると私は思っています。

大きな金額、大きなモノが動くスケールの大きな仕事と隣り合わせの毎日、そして世界中とつながるグローバルな雰囲気は、刺激的です。そして何より立地が素晴らしい。オフィスから臨める東京の街並み、四季折々に表情を変える富士山も、ここで働く贅沢すぎるメリットです。

そうですね。立地は重要です。周辺には美味しい店が沢山あり、ランチも、ディナーも飲み会も、迷うほどの選択肢があります。

時間単位の休みも取れるので、例えば、早めに切り上げて、平日にライブを楽しむことも可能で、楽しみ方も色々です。

そうですね。お役所への用事、歯医者、病院への通院などにも便利です。

時間休と組み合わせることで昼休みをゆっくり長く取ることも可能です。また、有給休暇も気兼ねなく取れるのがいいですね。前もって計画すれば、連休を取ることも可能で、実際に多くの人がロングバケーションを、それぞれに楽しんでいます。

商社業界で働く人が身につけるべきスキルやマインドは?

コミュニケーション能力。社内外のいろんな立場、いろんな世代の方々と会話する機会が多いので、「伝える力」が重要です。それから、ある程度の英語力はあったほうが良いかもしれません。

そうですね。でも、英語は入ってからでも十分身につけられると思います。あと、能動的に働きかける心がけは大切ですね。営業のパートナーという位置づけにあって、彼らを助けるために戦略的に物事を考える機会も多く、能動的じゃないと商機を逃してしまうケースもありますから。

確かに、前向きに、戦略的に、営業の片腕として動く意識をもてば、どんどんスキルも磨かれるし、仕事もどんどん面白くなってくると思います。

主体的にビジネスをつくり、育てる姿勢を持ち続ければ、仕事に向き合うのが楽しくなってきます。営業アシスタントでありながら、ときに商談の鍵を握る活躍をすることも可能であることを考えれば、営業と同等のビジネス感覚を磨く姿勢も必要なのかもしれませんね。

これからの夢や目標は?

貿易についての知識、経験を着実に増やし、どんなビジネスであっても完璧に営業サポートできる存在になり、様々な業務を任せてもらえるようになりたいと思います。

業務職の職掌を超えた業務もこなせる感覚やスキルを身につけていきたいです。総合職へのシフトも一つの選択肢ですが、今はとにかく業務職のスペシャリストを極めたいと思います。

プロジェクトに関わることが多いので、その中で様々な案件を担当し、どんな場合も確実にフォローできるようになりたいと思います。そのために、商品、客先、鉄鋼メーカー、加工メーカーなど、それぞれの特性を知り、案件のビジネススキームを組み立てられるくらいのセンスとスキルを身につけられれば、と考えています。

営業が動かすビジネスはもちろん、働きやすい環境にも気を配り、常に商機を掴み、勝てる状況をつくるための準備を怠らない業務職のプロを目指します。私が商談のお膳立てをして、営業がボタンを押すだけで、ビジネスが動き出す、そんな展開が理想です。

社風は?女性支援は?ワークライフバランスは?

いい意味で上下関係のない、何でも自由に意見が言える、風通しのいい社風です。若手にも責任のある仕事を任せるのも伝統となっています。

そうですね。早くから挑戦する機会が与えられる、そんな伝統がありますね。総合職は海外研修や海外駐在もあり、若手も海を渡って活躍しています。

仕事以外にも部門を超えた交流会、部活動、フットサル大会などがあり、社員交流の機会が多いのも当社の特徴です。

結婚、出産、育児というライフイベントについても、育児休暇、時短勤務、介護休暇など充実の支援制度が整っているので安心です。

残業への意識も全社的に高く、働き方改革は自然に浸透しているように思います。

そうですね。特に女性にはとても働きやすく、ワークライフバランスが取れる理想の環境があると思います。

最後に学生たちへのメッセージを。

社員の方々の雰囲気が非常に和やかで、素の自分で色々な話ができ、それが好印象で入社を決めました。ですから、もし当社に少しでも興味を抱いたなら、まずは「人の良さ」を感じてみてください。これは他の会社でも同様で、「人」を見て、感じる機会をぜひ持っていただきたいと思います。

この会社に入って、仕事は自分を成長させてくれるものであり、日々の生活を充実させてくれるものだと気付きました。働くことにネガティブなイメージをもっている人もいるかもしれませんが、「働くって、良いものですよ」と伝えたい。特に三井物産スチールに入れば、それを最大限実感できます。

就職活動は大変だと思いますが、必ず縁がある会社に出会えるはず。頑張ってください。良縁成就を果たすには、自分を素のまま表現して、その会社との相性を図ることが大切だと思います。当社は素のままを受け入れ、それぞれの個性が生きる場を与えてくれる会社です。

当社は女性も長く働ける環境であり、とても理解のある温かい会社です。そして、そんな社風をつくり、維持してくれる魅力的な上司・先輩がたくさんいます。ぜひ、実際に足を運び、実感してみてください。ここでならきっと自分らしく生きられると素直に思える会社に出会えることを願っています。一緒に働ける日がくることを心から楽しみにしています。

他のインタビューを読む Index
Special Talk Session 業務職による座談会
三井物産スチールについて感じること。 そして日々の仕事のやりがいについて。 そのすべてを本音で伝えよう。
軸受国際部 2017年入社。文学部英語英文学科卒。趣味は野球観戦。大の巨人ファン。 鋼管・薄板部 2017年入社。文学部比較芸術学科卒。趣味は3歳から続けているジャズダンス。
鉄骨・プラント資材部 2016年入社。文学部人文社会学科卒。趣味はストレス発散の場としてのキックボクシング。 ステンレス・特殊鋼部 2016年入社。外国語学部卒。趣味は食べ歩き。個人版「食べログ」を制作中。
他のインタビューを読む Index