01 鉄鋼商社という名のフィールド
About Mitsui. 三井物産スチールとは
鉄と社会と未来をつなぐ。

時代に先駆け業態を進化

鉄鋼産業は日本の高度経済成長の鍵を握ると言われ、いつの時代も社会を支える底力となってきました。成熟産業と言われつつも、その社会的貢献度は変わらず、今なお主要産業の一角を占める重要な位置づけにあります。特にここ数年においては国内外での業界再編統合が進み、生き残りを懸けたドラスティックな動きが活発です。

 

三井物産スチールも、2008年4月、三井物産グループの鉄鋼商社4社統合に三井物産鉄鋼製品本部の国内営業部門も加わりスタート。2010年9月には三井物産から自動車や建材の貿易部門が合流、その後もグローバルにインフラ向け鋼材需要を補足する部門を新設し、さらには2014年に鉄鋼建材事業やスクラップ事業を行う商社を設立するなど、時代に先駆け業態を進化させ続けています。

 

「鉄商人」への原点回帰

そして2018年4月、三井物産スチールは大幅な組織改革を実行。①新たなビジネスモデルの創造とリポジショニングを通じた成長②「総合力+事業投資+物流」による新たな収益構造の構築③国内外の潜在的なニーズやシーズを捉える新規ビジネスの展開④社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる自由闊達な環境づくり…という目指す姿の実現に向けて動いています。

 

私たちは今、鉄を扱うプロフェッショナルである「鉄商人」への原点回帰を図り、鉄と社会と未来をつなぐ、果敢なる「挑戦と創造」への道を力強く歩み始めています。

 

挑戦と創造のDNAで未来へ。

総合商社三井物産と一体の存在

三井物産スチールは独立した鉄の専門家集団であると同時に、総合商社三井物産と一体の存在です。あらゆる分野へ広がる三井物産の「総合力」と鉄鋼のプロフェッショナルチームを擁する三井物産スチールの「専門性」その相乗効果で比類なき「機動力」を発揮します。

 

物流サービスを中心として、マーケティングはもちろん、サプライチェーンの構築・管理や事業投資・投資先管理に至るまで、鉄鋼の商流に携わり、鉄鋼総合商社としてのダイナミックな動きで、国内マーケットを中心に商圏を広げながらグローバルに展開し、海外市場に軸足を置くお客様のビジネスもサポートしています。

 

商機を逃さず新たな事業化に挑む

三井物産の鉄鋼製品本部と連携し、新たな事業化に挑む動きも活発化。また、ロシア、メキシコ、アメリカ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、タイなどの三井物産の海外拠点に精鋭社員が赴き、現地での連携も強化しながら、商機を逃さず、速やかにスキームを組み、案件化するトライアルも精力的に進めています。

 

私たちは今後も「挑戦と創造のDNA」を受け継ぎ、お客様に絶対的な「信頼と安心」を届けつつ、世界中で展開する鉄鋼ビジネスの底上げに貢献する主導的な役割を果たす為に邁進していきます。

02 三井物産スチールの人材育成
最大限のパフォーマンスを発揮する 真のプロフェッショナル集団へ。

■人材育成理念

三井物産スチールにとって最大のアセットは「人材」です。当社が持続的に成長し続けるには、社員一人ひとりが三井物産グループのDNAである「挑戦と創造」を当社不変の価値観として、現状に安住せず挑戦し続け、新たな付加価値を創り出す“魅力溢れ信頼されるプロフェッショナル”であることが不可欠です。その実現に向けて社員それぞれが持つ能力を最大限に高められる環境づくりに努めていきます。

 

■求められる人材像

① 変革にも果敢に粘り強く挑戦し続け、新しい価値を創造する人間

② 専門性と総合力を兼ね備え、努力を惜しまず、結果に拘るプロフェッショナル人材

③ 誠実・謙虚・公正で、責任感、倫理観を持ち、社内外から信頼される人間

 

■人材育成方針

三井物産スチールの人材育成は「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」を基本とし、社員それぞれが仕事を通じて飛躍的に成長していくことにあります。また、研修等を通じ、知識・スキルの習得や自己啓発をサポートすることで、会社を発展させられる魅力ある人材を育成します。

About Mitsui. 三井物産スチールとは 01 鉄鋼商社という名のフィールド
鉄と社会と未来をつなぐ。 挑戦と創造のDNAで未来へ。
02 三井物産スチールの人材育成
最大限のパフォーマンスを発揮する 真のプロフェッショナル集団へ。