攻めの審査へ。 「No」とは言わず、
取引が可能になる方法を前向きに考え、実践する。 About our person 01 審査部/総合職

2016年入社。現代教養学部卒。入社以来、審査部に在籍。現在は海外与信など貿易部署の審査を担当している。趣味はキックボクシング。「フットワークは軽く!」をモットーとする。夢は、母とともにめぐるヨーロッパ親孝行の旅。

私の仕事 取引先の定量・定性情報に基づく与信審査、 そして不測の事態に備えるための
債権保全・回収に関する営業部サポート。

現在、私は審査部に在籍しています。業務内容は、国内・海外取引先の業績や財務状態といった定量・定性情報に基づく与信審査をはじめ、不測の事態に備えるための債権(売掛金)保全・回収に関する営業部サポートなどです。1年目に審査業務の基礎を学び、2年目から主に国内取引のいくつかの部署の審査を担当。そして現在は、薄板貿易部、ブリキ・容器資材部の貿易部署の審査を担当しています。具体的には、新規取引において営業から相談を受け、取引先に対するヒアリング等を実施して、与信判断を行います。また、既存の取引先についても1年ごとに審査をして更新していきます。海外の取引先については、カントリーリスクも踏まえての与信審査を行い、必要に応じて海外現地に赴くケースもあります。私も先日、上司に同行し、インドネシアの新規取引先である加工メーカーを訪れ、上司の仕事を間近で見て、感じる機会を得て、大いに刺激を受けました。今後は自力で海外出張に対応できるようスキルアップしていきたいと思っています。

仕事のフォーメーション いかに新規取引先の開拓、既存先との継続・拡大を サポートできるかを考え、提案する。

客観的かつシビアな判断で健全な取引を維持するのが私たちの役割であり、どちらかと言うと受け身のイメージがある仕事ですが、私としては「攻めの審査」を心掛けたいと思っています。ビジネスにはリスクはつきものですが、会社資産(債権)を守ることを第一に、いかに新規取引先の開拓、既存取引先との継続・拡大をサポートできるかを考え、提案できるようになりたいです。

今後の夢・目標 世界を縦横無尽に駆けめぐる、そんな活躍ができたらいいな、 という妄想も、ここでならきっと叶う。

「攻めの審査」に向けて、例えば一見審査が通らないケースでも、決済条件を検討してみたり、保険をかけてリスクヘッジしてみたり、単純に「No」とは言わず、営業と一緒に、ときにお客様も交えて、取引が可能になる方法を前向きに考え、実践することを目指しています。これからは既成概念に縛られず、リスクをとりながらも確実に取引を拡大できる独自のメソッドを自社で開発しなければならないと本気で私は考えています。今後のキャリア目標は、まだ明確には定まりませんが、「営業の最前線での活躍を目指すのか?」「このまま審査のスペシャリストを極めるのか?」いずれにしても海外取引比率が高まり、急速にグローバル化が進む中で、まずはそれに対応できる人材になることが必須だと感じています。その上で、いつか海を越えて、国境を越えて、世界を縦横無尽に駆けめぐる、そんな活躍がきたらいいな、と妄想しています(笑)。三井物産スチールでなら、きっと、その妄想に近づける!と私は信じています。

1日のスケジュール One Day Schedule
他のインタビューを読む Index
攻めの審査へ。 「No」とは言わず、
取引が可能になる方法を前向きに考え、実践する。 About our person 01 審査部/総合職
私の仕事 取引先の定量・定性情報に基づく与信審査、 そして不測の事態に備えるための
債権保全・回収に関する営業部サポート。
仕事のフォーメーション いかに新規取引先の開拓、既存先との継続・拡大を サポートできるかを考え、提案する。
今後の夢・目標 世界を縦横無尽に駆けめぐる、そんな活躍ができたらいいな、 という妄想も、ここでならきっと叶う。
1日のスケジュール One Day Schedule
他のインタビューを読む Index